トップ > 環境 > レジ袋の有料化が始まりました

レジ袋の有料化が始まりました

美里町、みやぎレジ袋使用削減取組協定を締結

町内の4店で実施(平成21年6月1日から)

 この協定にはイオンスーパーセンター、イオンリテール(ジャスコ、マックスバリュ各店)など県内2百店以上が参加しています。
美里町内の4店(ヨークベニマル、ウジエスーパー、Aコープ小牛田店、Aコープ南郷店)でレジ袋の有料化が始まります。

循環型社会の形成を推進する上で、最も優先すべき「発生抑制」に関連して、近年、レジ袋の使用削減に関する取り組みが全国的に進んでいます。レジ袋は、製造から処分まで大量の石油やエネルギーが消費されます。

県内では、平成19年6月から仙台市の一部地域で取り組みが始まり、小売業者等・住民団体等・市町村・県がレジ袋の使用削減に協働して取り組む「みやぎレジ袋使用削減取組協定」の締結が進み、小売業者等との調整を経て、対象地域が県内31市町村に拡大しました。

この美しい地球を未来に引き継ぐために、廃棄物等の発生を抑え、廃棄物等を循環資源として利用することが、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷を低減することにつながります。

  • みやぎレジ袋使用削減取組協定、各団体の役割
    ■小売業者/レジ袋の無料配布を原則として取りやめ、有償提供すること等でマイバッグ持参を促します
    ■住民団体等/地域住民にマイバッグの持参を呼びかけます
    ■市町村/取り組みに関する広報等、地域における3Rを推進します
    ■宮城県/関係者の取り組みの支援、意識啓発、取り組みの拡大等を図ります

  • 3Rをご存知でしょうか

    ごみを減らし、循環型社会を構築していくためのキーワードが「3R」です。3Rとは、Reduce(リデュース、減らす)、Reuse(リユース、再使用)、Recycle(リサイクル、再資源化)の頭文字をとったものです。
    廃棄物の3Rは、循環型社会の形成を推進する上での基本的な事項です。
  • 問合先 町民生活課 電話33−2114