トップ > 届出・申請 > 通知カード・マイナンバーカードについて

通知カード・マイナンバーカードについて

マイナンバー(個人番号)とは…

 マイナンバー(個人番号)は、住民票を有するすべての方に付番、通知される1人1つの12桁の番号です。
 社会保険、税、災害対策の各種手続で、法令に定められた範囲でマイナンバーが利用されます。
 下記の内閣府ホームページから、マイナンバーについて詳細の確認ができます。

内閣府ホームページサイト(外部リンク) 〜マイナンバーについて〜

通知カード・個人番号通知書について

〇通知カードについて
 通知カードは紙のカードで、住民の皆様にマイナンバーをお知らせするものです。法律の改正により、通知カードは令和2年5月25日に廃止され、新規発行や再交付ができなくなりました。また、住所や氏名等に変更があった場合、記載事項を変更することはできません。

※通知カードは、記載された氏名、住所等が住民票の記載事項と一致している場合は、マイナンバーを証明する書類として引き続き使用できます。また、マイナンバーカード交付申請に必要となりますので保管をお願いします。

〇個人番号通知書について
 令和2年5月25日以降に出生や国外からの転入等により新たにマイナンバーが付番される方には、「個人番号通知書」が郵送されます。個人番号通知書には、マイナンバー、氏名、生年月日、個人番号通知書の発行日等が記載されます。また、個人番号通知書が入った封筒の中にマイナンバーカードを申請するときに必要な交付申請書と申請用封筒が同封されています。


マイナンバーカードについて

 マイナンバーカードは、マイナンバーが記載された顔写真付きのカードです。
 各種手続きにおけるマイナンバーの確認や本人確認書類として使用できます。
 マイナンバーカードの交付を希望される方は、郵送等でカードの交付申請をする必要があります。
 初回の交付手数料は無料となります。

マイナンバーカードの申請交付方法について

〇必要な書類…マイナンバー(個人番号)カード交付申請書
 →個人番号カード交付申請書(通知カードの真下についていた申請書)をご利用いただくか、町民生活課または総務課町民窓口室にて「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行/更新申請書」を再発行し、下記のいずれかの方法で申請してください。

  • スマートフォン等で申請 …交付申請書中のQRコードを読み取って申請する。
  • パソコンで申請            …交付申請書中の申請書ID(半角数字23桁)を使って申請する。
  • 郵送で申請                  …交付申請書を記入し顔写真を貼り付けて地方公共団体情報システム機構(J-LIS)宛ての封筒に入れて申請する。
  • 証明写真機で申請    …対応した証明写真機で申請する。

☆申請先は【地方公共団体情報システム機構(J-LIS)】です。
→地方公共団体情報システム機構とは、都道府県・市町村が共同して運営する、マイナンバー関連のサービスなどを提供する組織です。

※当町では無料の写真撮影は行っておりません。
 顔写真の規定サイズなどについてはマイナンバーカード総合サイト外部リンクにて確認できます。

マイナンバーカード総合サイト外部リンク

マイナンバーカードの受け取りについて

 申請してから、おおむね1カ月の間に【個人番号カード交付通知書・電子証明書発行通知書 兼 照会書】というハガキが自宅に届きます。送られた交付通知書の中に、マイナンバーカードを受け取るときに必要な書類や受け取る場所が記入されています。
 

【受け取るときに必要なもの】

  • 交付通知書
  • 通知カード(お持ちの方のみ)…紛失したときは来庁時に「通知カード紛失届」を記入いただきます。
  • 本人確認書類(※表1参照)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)…住民基本台帳カードは、マイナンバーカード交付時に返納となります。
  • マイナンバーカード(すでにお持ちの方のみ)

【受け取る場所】…交付通知書に記載の交付場所へお越しください。
→本庁舎町民生活課または南郷庁舎総務課町民窓口室

本人確認書類について

(a)写真ありの書類で右記のもの マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付きに限る。)、運転免許証、運転経歴証明証(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券(パスポート)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書
(b)写真なしの書類と写真ありの書類で右記のもの 健康保険証(国保、社保)、介護保険証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、母子健康手帳、生活保護受給者証、学生証、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運行管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証など
(b)令和3年1月1日追加分 (写真ありの書類で(b)として適用) 令和3年1月1日付けに法令の改正があり、下記の交付申請者についての顔写真の証明書の代わりとなる申請書様式が導入されました。印刷しご利用いただけます。
〇15歳未満の方
〇施設・病院等入所している方
(c)a、b以外のもの 健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、労働保険料、国民年金保険料、農業者年金保険料、厚生年金保険料、船員保険料、公共料金(電気・ガス・水道)などの領収証書。

【交付申請者本人が受け取るとき】
◎本人確認書類…@ABのいずれか
@(a)の中から1つ
A(b)の中から2つ
B(b)の中から1つと(c)の中から1つ

【代理人が受け取るとき】
☆交付申請者本人が受取るときに必要なもののほかに、代理人の本人確認書類なども必要になります。

  • 交付申請者が15歳未満の方および成年被後見人のとき
    →交付申請者(15歳未満の方および成年被後見人)は法定代理人(成年後見人、子の親)と同行し、マイナンバーカードを受領できます。
    ◎交付申請者本人確認書類…@ABのいずれか
    @(a)のうち1つ
    A(b)の中から2つ
    B(b)の中から1つと(c)の中から1つ
    ◎法定代理人の本人確認書類…交付申請者と同様です。
    ◎代理権者の確認書類…戸籍謄本や登記事項証明書など。
    ※戸籍謄本については本籍地が美里町である、または交付申請者と同一世帯であるときは不要です。
  • 交付申請者に病気・身体の障がい等やむを得ない理由があり代理人の方が受け取るとき
    →長期(国内外)出張者、長期に航行する船員など仕事の内容、勤務場所、勤務形態を客観的状況に照らして交付申請者の来庁が困難であると認められる場合や、交付申請者が未就学児である場合も、代理人の方がマイナンバーカードを受領できます。
    ◎交付申請者の本人確認書類…@ABCのいずれか
    @(a)の内2つ
    A(a)の内1つと(b)の内1つ…交付申請者の氏名および生年月日又は住所が記載され、顔写真が表示されたもの。
    B(a)の内1つと(b)の内1つ…交付申請者の氏名および生年月日又は住所が記載されたもの。
    C(b)の内交付申請者の個人識別事項が記載され顔写真が記載されたもの1つと個人識別事項が記載されたもの2つ以上。
    ◎代理人の本人確認書類…交付申請者の本人確認書類@ABのいずれか
    ◎交付申請者の来庁が困難であることの疎明資料…診断書、要介護認定を受けている旨が記載された介護保険被保険者証、交付申請者本人の障がい者手帳、本人が施設に入所している事実を証する書類、入院料等の記載がある医療費の領収書が必要になります。
    →海外留学中の場合…査証のコピー、留学先の学生証のコピー、入学許可証および学期の開始日程がわかる資料もしくは旅券上の証印や航空機の搭乗券などの渡航の事実が確認できる書類など。
    ※診断書とは…病名、治療方法、治療期間等の記載のある書類(医師法の規定に基づいて医師が作成する書類です。

【受け取り期限について】
交付通知書(ハガキ)の裏面に交付期限を記載していますが、当分の間、期限を過ぎてもお受け取りは可能です。
平日の午前8時30分から午後5時15分まで受け取る場所へお越しください。
上記の時刻に受取れない場合は、交付通知書に記載がある受け取り場所にご相談ください。

お問い合わせ先

町民生活課
電話 0229-33-2114
南郷庁舎町民窓口室
電話 0229-58-1211