トップ > 情報公開 > 「美里町職員のためのコンプライアンス・ガイドライン」の策定について

「美里町職員のためのコンプライアンス・ガイドライン」の策定について

 町では、職員が法令等を遵守し、不祥事を発生させないことはもちろんのこと、日々の接遇面の充実や、町民から受けた苦情、要望等に適切に対応していくことが重要であると認識し、職員一人ひとりが、法令等を遵守する意識、倫理観について、改めて認識し理解させる取組として、平成26年8月に「美里町職員のためのコンプライアンス・ガイドライン」を策定しました。

ガイドラインの要点

 ガイドラインでは、職員のコンプライアンスを組織的に推進するため、下記のつの行動指針を定め、取組を進めることとしています。

【美里町職員のためのコンプライアンス・ガイドライン】 7つの行動指針
1.全体の奉仕者として、公平・公正な職務を行います
2.疑惑・不信を招かない、誤解を招く行為は行いません
3.町民に安心感・信頼感を持ってもらえる快い対応をします
4.法令を遵守し、誠実かつ公正に適正な職務を行います
5.行政手続の透明性の確保に努めます
6.情報公開を推進し、町民への説明責任を果たします
7.個人情報を保護し、守秘義務を徹底します

※ 各項目の具体的な内容については、ガイドラインに記載しております。

美里町職員のためのコンプライアンス・ガイドラインPDFファイル(178KB)