トップ > 健康・福祉・保健 > 介護予防・日常生活支援総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業

平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)が始まります

 介護保険制度の改正により、高齢者の皆さんの介護予防と日常生活を支援する「介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)」が創設され、美里町では平成29年4月から開始します。新しい総合事業は【一般介護予防事業】と【介護予防・生活支援サービス事業】から構成されます。これにより、今まで介護保険制度の「要支援1・2」の方を対象とした訪問介護(ホームヘルプサービス)・通所介護(デイサービス)が【介護予防・生活支援サービス事業】に移行します。

一般介護予防事業

  • 対象者:65歳以上のすべての人
  • 事業内容:介護予防事業、健康相談、出前講座など

介護予防・生活支援サービス事業

  • 対象者:介護保険制度の「要支援1・2」に認定された人、基本チェックリストにより事業対象者と判定された人
  • 事業内容:訪問型サービス(訪問介護)、通所型サービス(通所介護)

今までの介護サービスからの変更点

新しい総合事業の利用の流れ

※新しい総合事業の訪問型サービス・通所型サービスのみを利用する場合は、要介護認定を受けなくても基本チェックリストの確認で利用決定ができ、サービス利用の手続きが簡単になります。

※すでに「要支援1・2」の認定を受けている方には、平成29年4月認定更新の方から更新月に合わせて順次手続きのご案内をお送りします。

担当:長寿支援課 TEL.0229-32-2941