トップ > 健康・福祉・保健 > 高齢者のみなさんが新型コロナウイルス感染症において気をつけていただきたいこと

高齢者のみなさんが新型コロナウイルス感染症において気をつけていただきたいこと

新型コロナウイルス感染症が流行しています。
糖尿病や心疾患など基礎疾患をお持ちの方は重症化しやすいことから、手洗いを中心とした感染予防を心がけてください。
しかし、感染を恐れるあまり外出を控えるなどする「生活不活発」による健康への影響も心配されます。

動かないことによって身体や頭の動きも低下してしまい、身の回りのことやちょっとした行動などの生活動作が大変になったり、疲れやすくなったりして、虚弱(フレイル)が進んでしまいます。
感染症の予防を心がけるとともに、ほんの少しで構いませんので虚弱(フレイル)にならないよう心がけましょう。

少しでも体を動かしましょう

軽運動や意識して立ったり歩いたりする時間を増やすことが大事です。
ラジオ体操や簡単なストレッチなどの自宅でできる運動でも、筋肉の衰えを予防することに役立ちます。
天気が良ければ、人ごみを避けることが前提となりますが屋外などの開放された場所で軽く体を動かしましょう。

会話をしましょう

家族や電話でもかまいませんので友人とお話ししましょう。心を元気に保つことも大事なことです。
外出を敬遠しがちな今の状況こそ、家族や友人との互いの支え合いや交流は大切です。

バランスの良い食事を心がけましょう

しっかりとバランスよく食べて栄養をとり、身体の調子を整えましょう。免疫力を維持することにも役立ちます。

お口を清潔に保ちましょう

お口を清潔に保つことが、インフルエンザなどの感染症予防に有効です。
毎食後や寝る前の歯磨きを徹底しましょう。義歯の清掃も大切です。

お問い合わせ先

長寿支援課
電話 0229-32-2941