トップ > 健康・福祉・保健 > 新しい健診・保健指導がスタートします

新しい健診・保健指導がスタートします

メタボリックシンドロームを予防・改善するために

 メタボリックシンドロームの要因である「内臓脂肪」を減らせば、高血圧や脂質異常症、糖尿病、虚心性疾患、脳卒中などの食生活習慣病の進行を食い止めることができることがわかってきました。
 町では、内臓脂肪のチェックをし、さらにメタボリックシンドロームを見つけることで、自覚症状のない段階から生活習慣の改善を行うことを目的に、平成20年度から新しい健診・保健指導をスタートします。

メタボリックシンドロームとは・・・

 高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれ単独の疾患ではなく、複数の生活習慣病を合併する人が増えていることが分かってきました。
 最近は過食、運動不足によっておなかの周りに内臓脂肪が蓄積する人が増えています。このおなかの周りにつく脂肪が過剰にたまった状態である「内臓脂肪型肥満」を基盤に「高血圧値、脂質異常、高血糖」が重複している状態を「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼び、多くの疾患を合併するほど動脈硬化を促進して脳梗塞や心筋梗塞などさまざまな病気を発症したり、重症化して生活機能の低下を招いたりします。