トップ > 仕事・産業 > 台風19号による農業被害への対応について

台風19号による農業被害への対応について

経営所得安定対策等における自然災害等の発生時の対応について(令和元年11月6日)

 台風被害により農作物が減収および収穫皆無となった場合の取り扱いについてお知らせします。

1 適正な肥培管理が行われていたことが確認できる書類(栽培管理日誌等)および被害状況が確認できる書類(写真等)により、自然災害の影響が確認できること。
2 農業共済組合に加入している作物は、必ず農業共済組合に被害状況を報告すること。
3 農業共済組合に加入していない場合は、美里地域農業再生協議会へ報告すること。
4 被害状況が確認される前に、自己判断ですき込み等の処分を行わないこと。

台風19号に伴う農業被害と経営所得安定対策の関係PDFファイル(12KB)

農地等への堆積した「稲わら」の処理について(令和元年11月6日)

 町内各地域の農地などに堆積した「稲わら」の処理については、保全組合および広域協定の活動の中で処理を進めていただくようお願いします。
 なお、「稲わら」処理の実施に対し、国・県の「稲わら」処理に関する災害関連事業が検討されていますので、先行して作業を実施する場合は、次の点に留意ください。

1 被害状況の写真(対象ほ場ごとに数枚)
2 稲わら処理の作業状況の写真(積み込み、運搬、積み下ろしの状況など)
3 稲わらの量(容積)が分かる写真
例)トラックに積載した写真やフレコン等の容器の写真
4 作業日報(作業ほ場、搬出台数・数量、従事者等)

 参考 
令和元年10月18日開催台風19号の影響による「稲わら」処理における多面的機能支払い交付金の取扱に係る説明会_資料PDFファイル(28KB)

国の各種支援事業情報

 農林水産省ホームページ

お問い合わせ先

産業振興課
電話 0229-58-2374