トップ > 税金・年金 > 国民健康保険税

国民健康保険税

国民健康保険税(以下国保税)は、国民健康保険(以下国保)に加入している方に賦課する税金で、国保加入者がケガや病気をしたときの医療費にあてるための財源です。

■納税義務者
 国保税の賦課は世帯単位であり、世帯主が納税義務者となります。そのため、個人単位での賦課ではなく、世帯主が国保に加入していなくとも、世帯員に国保加入者がいれば「納税義務者は世帯主」となります。


■国保税の賦課
 国保税は、国保加入手続きを行った日の月分から税額の計算を行うのではなく、国保の被保険者となった日の月分(社会保険等をやめた日の月)から計算対象となります。加入手続きを忘れたとしても国保の被保険者となった日まで遡って計算しますので、手続きは忘れずにお願いします。
 また、国保の加入者であった方が社会保険等に加入された場合は、新たに交付された保険証と国保の保険証を持って、国保喪失の手続きをお願いします。(自動的に喪失とはなりません。)


■所得の申告
 国保税を正しく計算するために、世帯主(納税義務者)および国保加入者は、所得の有無にかかわらず、申告をしていただく必要があります。(ただし、給与又は公的年金等の支払報告書が町に提出されている方や確定申告をされた方については、申告の必要がありません。)
なお、未申告の場合は、低所得者に対する軽減が適用になりません。

■問合先 税務課 国民健康保険税係 TEL.0229-33-2115