トップ > 税金・年金 > 住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

 昭和57年1月1日以前に建築した住宅に耐震改修工事(工事費用30万円以上のものに限る)を行った場合、家屋の固定資産税を一定期間減額します。

減額期間

工 事 完 了 時 期 減 額 期 間
平成18年1月1日〜平成21年12月31日 翌年から3年度分
平成22年1月1日〜平成24年12月31日 翌年から2年度分
平成25年1月1日〜平成27年12月31日 翌年1年度分

適用範囲

床  面  積 減  額  率
1戸当たりの床面積が120平方メートル以下のもの 税額の2分の1
1戸当たりの床面積が120平方メートルを超えるもの 120平方メートル分の税額の2分の1

申請方法

 減額を受けようとする対象住宅の所有者は、耐震基準に適合した工事であることの証明書と耐震改修に要した費用を証する書類を添付し、税務課に申請してください。

問合先

美里町役場/税務課・固定資産税係 Tel.33−2115(内線1143)

申請書ダウンロード(PDFファイル)

※ご自宅のパソコンで申請用紙をプリントアウトしたい方は、下記をクリックしてください。
※PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe Readerダウンロードページからダウンロードしてご利用ください。

住宅耐震改修に伴う固定資産税減額申請(8KB)

耐震基準適合証明書(56KB)